看護師転職・求人の看護師ナビTOP > お助けガイド

<早めの準備>
転職を思い立ったら、早めに準備に入りましょう。時間に余裕を持って転職先を探したほうが、より良い求人案件にめぐり合える確率が高くなります。面接などの準備や練習も入念にできますし、退職に向けた準備もじっくり進められます。
<転職目的>
転職活動を始めるにあたっては「自分はなぜ転職したいのか」を明確にしておきましょう。「待遇を改善したい」「勤務時間を短くしたい」「もっとやりがいのある業務がいい」など、目的は人によって様々でしょう。目的意識をはっきりさせれば、転職活動の励みにもなりますし、面接等で動機を説明するときにも役立つでしょう。
<希望する条件>
転職先に何を求めるのか、具体的な条件を明確にしておきます。給料、勤務時間、通勤時間など、項目ごとにできるだけ具体的にしておきます。その中でどの項目が最も重要なのか、優先順位も決めます。あらかじめ希望がはっきりしていれば、転職活動中に迷いが生じることもなくなります。

<求人誌の問題点>
求人誌や新聞などの募集広告を見て、自分の条件にあった案件を探す人も多いですが、これは手間と時間がかかります。様々な紙媒体に目を通した上で、一件ごとに応募手続きや面接の日程調整などを自力で行わなくてはならないからです。
求人誌などを毎日チェックしても、必ずしも希望の求人が見つかるわけではありません。最近、病院をはじめとする看護師の転職先では、求人誌などに求人情報を載せないケースも増えています。求人募集広告は掲載料が高いうえに、求めるような人材が獲得できないケースもあるからです。
<人材紹介会社の活用>
今、看護師などの転職活動の方法として最も有効だとされているのが人材紹介会社に登録することです。人材紹介会社は、求人誌などには掲載されていない求人情報も多数抱えています。膨大な求人案件の中から、あなたの希望にマッチした案件を探し出してくれます。面接日程の調整や条件面の交渉もしてくれます。無料で利用できます。
<疑問点は専門家に聞く>
転職活動をしていると、様々な疑問や悩みが出てきます。そんなときは、詳しい人や専門家に直接聞くのが一番です。人材紹介会社では、専門のコンサルタントが無料で相談や質問に応じてくれます。コンサルタントは業界動向や病院等の個別の採用条件などを把握しています。専門的な立場で的確にアドバイスしてくれます。

<履歴書の書き方>
履歴書は、採用する側にとって重要な判断基準になります。「履歴書を見れば、応募者の性格や仕事に対する意欲がわかる」と言われています。上手な履歴書の書き方をマスターして、あなた自身をしっかりと売り込みましょう。
履歴書は原則として黒のボールペンか万年筆で書きます。間違ったときは、修正液などを使うのでなく、新しい用紙で作り直したほうがベターです。記入欄の中では「志望動機・志望理由」が重要です。面接でも履歴書に書いてある志望理由・志望動機について聞かれることが多いです。入社の意欲が伝わるように、ありきたりの表現は避け、自分らしさや独自性がある表現を心がけます。
<履歴書の写真>
履歴書の写真は、スナップ写真やインスタント写真を使わず、写真店で写したものを使いましょう。スーツなどビジネスにふさわしい服装、髪型で撮影します。写真を貼る時は、はがれてしまうことがないように、のりでしっかりと貼り付けます。写真添付用のシールがついている履歴書だと、はがれる心配がなくなり、のりを使う手間も省けて便利です。
<履歴書の提出>
面接時などに履歴書を自分で持ち込む場合は、封筒に入れて持参します。封筒は、白の二重になっているタイプです。封筒サイズは、履歴書を二つ折りにしたものが入るくらいので結構です。住所などは書かないで、赤字で「履歴書在中」とだけ書きます。
郵送で提出する場合は、封筒の裏に自分の住所名前を書きます。表には宛先を書きます。宛先は正式名称にし、医療法人・機関名などの団体名の後には必ず「御中」をつけます。

<面接の上手な話し方>
面接では、姿勢を伸ばし、できるだけ相手の顔を見て、ハキハキと対応します。うつむいてはいけません。聞かれた質問に対しては、まず結論から話します。結論を先に話すと、テキパキとした印象を与えることができます。会話のテンポも良くなります。逆に結論がいつまでも出てこないと、相手はイライラするでしょう。話しているうちに、シドロモドロになってしまう恐れもあります。
話す内容としては、マニュアルに書いてあるような言葉や受け売りの知識ではなく、自分の言葉で話しましょう。そのほうが好感を持たれます。自分自身の体験談を随所に織り交ぜてもいいでしょう。これまでの看護師としての仕事の中で起きたことや感じたことなどを話せば、相手に興味を持ってもらえます。
<重要なのは「辞めた理由」と「志望動機」>
面接で必ず聞かれることは、前職をなぜ辞めたかです。正直に話すことは大切ですが、前の職場の悪口や不満だけに終始しないように注意しましょう。不満だけ述べて終わってしまうと、採用側に「ネガティブな性格の持ち主」という印象を与えてしまいます。「うちで採用してもすぐ不満で辞めてしまうのでは」と警戒されてしまうかも知れません。志望動機について聞かれたときも、「こう働きたい」「こう生きたい」と前向きな姿勢をアピールしましょう。
<面接時の服装・身だしなみ>
服装は、面接の場にふさわしい服装で臨みましょう。明るく清潔な服装を心がけるのが基本です。早めに面接会場に到着して、化粧室などの鏡で身だしなみを一通りチェックすることも大事です。女性であれば髪形やお化粧を直し、男性であればネクタイや襟元の乱れを直前にチェックします。
[女性]
女性の場合、スーツやブラウスは、落ち着いた色やデザインがベターでしょう。メイクはナチュラルメイクを心がけましょう。派手なアクセサリーや髪の毛のカラーリングは、病院には不向きだと考える人が多いので、避けたほうがいいです。髪が長い場合は後ろで束ねます。

[男性]
男性の場合は色が派手ではないスーツとシャツがふさわしいです。シャツにはアイロンをかけて、ズボンにはしっかり折り目をつけましょう。ひげをきちんと剃っておくのを忘れずに。

採用が決まったら、現在の職場で退職の手続きをします。上司に退職願を提出し、退職することを伝えます。退職願については、退職日の何日前までに提出する必要があるのか、あらかじめ把握しておく必要があります。通常は社内規定または社内の慣例で定められており、退職日の一ヶ月前という職場が多いです。引継ぎ業務や次の職場での業務開始日、休暇の取得状況なども勘案して退職日を決めるのが望ましいです。

なお、退職願では、退職理由として「一身上の都合により」と記します。詳しい理由は退職願に書くのでなく、口頭で伝えるのが一般的です。

看護師専門の転職支援サービス、優良8社を厳選!

今すぐ一括登録する方はこちら
資格:
雇用形態:
エリア:
経験年数:
希望就職時期:
夜勤:
  • 合計公開求人件数:
  • 99,000
わずか2分で完了!今すぐ無料登録をする
  • 看護師ナビご利用者データ
  • 最新の登録日06月16日 15時56分
  • 昨日のご登録数7名

合計求人件数

99,000
※2019年06月16日現在
希望エリアの新着求人を優先的にお届け!簡単登録30秒!
*メールアドレス
*お住まいの都道府県

看護師ナビアンケート

看護師ナビでは、サイト向上の為にアンケートをお願いしております。無記名での投稿になりますので、お気軽にお答えください☆

看護師ナビ モバイル

『看護師ナビ』はモバイルサイトもございます。ご利用なさりたい方は、下記QRコード、もしくはURLにアクセスください。



転職で失敗しない秘訣とは? 看護師限定!お役立ちメール

転職で本当に大事なことって?

そんなあなたに看護師転職で

失敗しないための裏話を

無料メルマガでご紹介!


お名前 ※必須

メールアドレス ※必須

  • 看護師求人・転職・派遣/医療介護の仕事情報サイト 看護師ナビ
  • 看護師ナビは、看護師求人情報や転職情報をご紹介しているサイトです。初めての転職で不安がいっぱい…そんなあなたの転職活動を徹底的にポート。看護師ナビが厳選した転職支援サービスへ無料で一括登録ができますので、スムーズな転職サポートはもちろん、給与面の相談ができますので、たくさんの看護師さんにご利用頂いております。登録・ご利用は完全無料ですので、是非ご利用ください。

copyright(c) 看護師の求人サイト「看護師ナビ」 all rights reserved.